長男がようやく今年4月に晴れて小学校に入学し、はじめての夏休みを迎えることになりました。

 

驚いたことに先週一学期が終って夏休みにはいったばかりだというのに、夏休みの宿題を誰に強制されることなく既に終わらせてしまったのです。

 自分の小学校時代の遥か昔の記憶を辿ると夏休みが終る間際に慌てて取り組んだ映像しか浮かばず、親の悪しきDNAが遺伝しなかったことにホッとする思いで見守る日々です。皆さんは、学生時代の宿題についての記憶で、どんな思い出が甦ってまいりますか?

 

 images[4]